読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサードリンク

12-143 DEVELOPMENT OF SPLEEN - Before We Are Bornを読む

12-143 DEVELOPMENT OF SPLEEN

脾臓の発生

The spleen is derived from a mass of mesenchymal cells located between the layers of the dorsal mesogastrium.

脾臓は背足胃間膜の層の間に位置する間葉細胞の塊に由来する。

The spleen, a vascular lymphatic organ, begins to develop during the fifth week, but does not acquire its characteristic shape until early in the fetal period.

脾臓は血管系のリンパ器官で、5週より発達を始める。しかし、その特徴的な形態は胎生期の初期まで獲得されない。

The spleen in a fetus is lobulated, but the lobules normally disappear before birth.

胎児の脾臓は分葉状となっているが、分葉は通常、出生前に消滅する。

The notches in the superior border of the adult spleen are remnants of the grooves that separated the fetal lobules.

成人の脾臓の上縁に見られる切れ込みは、分離された胎児の分葉の溝の残余物である。