読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサードリンク

12-143t ANNULAR PANCREAS - Before We Are Bornを読む

ANNULAR PANCREAS

輪状膵

Annular pancreas is an uncommon birth defect, but it warrants attention because it may cause duodenal obstruction.

輪状膵はめったにみられない先天性異常であるが、十二指腸の閉塞を引き起こすので、注意することは当然のことである。

This defect probably results from the growth of a bifid ventral pancreatic bud around the duodenum.

この異常は、おそらく腹側膵芽が十二指腸の周りで二分して成長することに起因する。

The parts of the bifid ventral bud then fuse with the dorsal bud, forming a pancreatic ring.

二分した腹側膵芽の部分は、その後、背側膵芽と癒合して、膵臓の輪を作る。

The ring-like, annular part of the pancreas consists of a thin, flat band of pancreatic tissue surrounding the descending or second part of the duodenum.

リング状の、膵臓の輪の部分は、薄く、平たい帯状の膵組織からなり、十二指腸下行部もしくは2番目の部分を取り囲んでいる。

An annular pancreas may cause obstruction of the duodenum shortly after birth, but many cases are not diagnosed until adulthood.

輪状膵は、生まれて間もなく、十二指腸の閉塞を起こしうるが、多くの場合は、成人するまで診断されない。

Females are affected more frequently than males.

女性は男性よりもより頻繁に罹患しやすい。