読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサードリンク

12-143 Development of Pancreas - Before We Are Bornを読む

Development of Pancreas

膵臓の発達

The pancreas develops between the layers of the mesenteries from dorsal and ventral pancreatic buds, which arise from the caudal part of the foregut.

膵臓は間膜の層の間で、前腸の尾側部分から起こる、背側と腹側の膵芽から発達する。

Most of the pancreas is derived from the larger dorsal pancreatic bud, which appears first.

膵臓の多くの部分は、最初に現れる、大きな背側膵芽に由来する。

Formation of the dorsal pancreatic bud depends on signals from the notochord (activin and fibroblast growth factor 2) that block the expression of sonic hedgehog (Shh) in the endoderm.

背側膵芽の形成は脊索からのシグナル(アクチビンと線維芽細胞増殖因子2)に依存し、それらは内胚葉のソニックヘッジホッグ遺伝子の発現をブロックする。

Expression of pancreatic and duodenal homeobox factors (PDX-1 and MafA) is critical for the development of the pancreas.

膵臓と十二指腸のホメオボックス因子(PDX-1 と MafA)の発現は、膵臓の発達にとって重大な意味を持つ。

The smaller ventral pancreatic bud develops near the entry of the bile duct into the duodenum.

小さな腹側膵芽は、胆管の十二指腸への入口の近くに発達する。

As the duodenum rotates to the right and becomes C-shaped, the bud is carried dorsally with the bile duct.

十二指腸の右側への回転とC字型への変化につれて、膵芽は胆管とともに背側に運ばれる。

It soon lies posterior to the dorsal pancreatic bud and later fuses with it.

腹側膵芽はすぐに背側膵芽の後面に位置し、後に背側膵芽と融合する。

As the pancreatic buds fuse, their ducts anastomose (link or be linked by anastomosis).

膵芽の融合につれて、膵管も吻合する。(吻合により連結したり、連結されたりする)

The ventral pancreatic bud forms the uncinate process and part of the head of the pancreas.

腹側膵芽は鈎状突起と、膵頭部の一部を形成する。

As the stomach, duodenum, and ventral mesentery rotate, the pancreas comes to lie along the dorsal abdominal wall (retroperitoneal).

胃、十二指腸、腹側腸間膜の回転に伴い、膵臓は背側腹壁の前(後腹膜)に到達し位置する。

The pancreatic duct forms from the duct of the ventral bud and the distal part of the duct of the dorsal bud.

膵管は腹側膵芽の管と、背側膵芽の遠位部の管より形成される。

In approximately 9% of people, the proximal part of the duct of the dorsal bud persists as an accessory pancreatic duct that opens into the minor duodenal papilla.

おおよそ9%の人々で、背側膵芽の管の近位部は副膵管として残存して、小十二指腸乳頭に開口する。

The connective tissue sheath and interlobular septa of the pancreas develop from the surrounding splanchnic mesenchyme.

膵臓の結合組織鞘と小葉間中隔は周囲の臓側間葉から発達する。

Insulin secretion begins at approximately 10 weeks.

インスリンの分泌はおおよそ10週より始まる。

The glucagon- and somatostatin-containing cells develop before differentiation of the insulin-secreting cells occurs.

グルカゴンとソマトスタチンを含有している細胞は、インスリン分泌細胞の分化の出現の前に発達する。

With increasing fetal age, total pancreatic insulin and glucagon content also increases.

胎児の年齢の増加に伴い、膵臓のインスリンとグルカゴンの合計含有量もまた増加する。