読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサードリンク

12-138 Development of Stomach- Before We Are Bornを読む

12-138 Development of Stomach

During the fourth week, a slight dilation of the tubular foregut indicates the site of the primordial stomach. It first appears as a fusiform enlargement of the caudal part of the foregut that is oriented in the median plane (see Fig. 12-2B).

4週の間に、前腸の管のわずかな膨張が、原始胃の部位を指し示めす。それは、最初、正中面へ向いた中で、前腸の尾側部分の紡錘形の膨張により出現する。

The primordial stomach enlarges and broadens ventrodorsally. Its dorsal border grows more quickly than its ventral border. This site of rapid growth demarcates the greater curvature of the stomach.

原始胃は腹背側に拡大し広くなる。その背側縁は腹側縁より速く成長する。この部位の急速な成長は、胃の大網の境界を定める。

Rotation of Stomach

胃の回転

As the stomach enlarges, it rotates 90 degrees in a clockwise direction around its longitudinal axis.

胃が拡大すると同時に、その長軸の周りを90°時計回りの方向に回転する。

The effects of rotation on the stomach are:

胃の回転の効果は

  • The ventral border (lesser curvature) moves to the right and the dorsal border (greater curvature) moves to the left.
  • Before rotation, the cranial and caudal ends of the stomach are in the median plane.
  • During rotation and growth of the stomach, its cranial region moves to the left and slightly inferiorly, and its caudal region moves to the right and superiorly. After rotation, the stomach assumes its final position, with its long axis almost transverse to the long axis of the body. This rotation and growth explains why the left vagus nerve supplies the anterior wall of the adult stomach, and the right vagus nerve innervates its posterior wall.
  • 腹側縁(小弯)は右側に移動し、背側縁(大弯)は左に移動する。
  • 回転の前には、胃の頭側と尾側の終わりは、正中面の中にある。
  • 胃の回転と成長の間に、頭側の部位は左側の少し下方に移動し、尾側の部位は右側の上方に移動する。
  • 回転の後で、胃はその長軸が体の長軸をほぼ横断する、最終的な位置をとる。この回転と成長は、なぜ左迷走神経が、成人の胃の前壁に分布し、右迷走神経が後壁を神経支配するかを説明する。

Mesenteries of Stomach

The stomach is suspended from the dorsal wall of the abdominal cavity by the primordial dorsal mesogastrium.

胃は、腹腔の後壁より原始背側胃間膜によりつり下げられている。

This mesentery, originally located in the median plane, is carried to the left during rotation of the stomach and formation of the omental bursa.

この間膜は、最初は正中面に位置していたが、胃の回転と網嚢の形成の間に、左に運ばれた。

The primordial ventral mesogastrium attaches to the stomach, duodenum, liver, and ventral abdominal wall.

原始腹側胃間膜は、胃、十二指腸、肝臓と腹側の腹壁をつなげている。

Omental Bursa

Isolated clefts develop in the mesenchyme forming the dorsal mesogastrium.

背側胃間膜を形成している間充織内で、孤立した間隙が発達する。

The clefts soon coalesce to form a single cavity—the omental bursa (lesser peritoneal sac)—a large recess of the peritoneal cavity.

間隙はすぐに融合し、ひとつの腔(網嚢 omental bursa / lesser peritoneal sac) を形成する。腹膜の大きな陥凹である。

Rotation of the stomach pulls the dorsal mesogastrium to the left, thereby enlarging the bursa. The pouch-like bursa facilitates movements of the stomach.

胃の回転は、背側胃間膜を左に引き、それによって、網嚢が拡大する。小袋のような網嚢は、胃の移動を容易にする。

The omental bursa lies between the stomach and posterior abdominal wall. As the stomach enlarges, the bursa expands and hangs over the developing intestines.

網嚢は、胃と後腹壁の間に位置する。胃が拡大するにつれて、網嚢は拡張し、発達する腸の上に垂れ下がる。

This part of the bursa is the greater omentum.

この部位の網嚢は大網である。

The two layers of the greater omentum eventually fuse.

大網の二つの層は最終的には融合する。

The omental bursa communicates with the main part of the peritoneal cavity through a small opening—the omental foramen.

網嚢は腹膜腔の主要部分と小さな開口部 - 網嚢孔 - で交通する。