スポンサードリンク

12-138 Development of Esophagus - Before We Are Bornを読む

Development of Esophagus

食道の発達

The esophagus develops from the foregut immediately caudal to the pharynx.

食道は咽頭の尾側にすぐ接して、前腸より発達する。

Initially, the esophagus is short, but it elongates rapidly and reaches its final relative length by the seventh week.

最初は、食道は短いが、急速に長くなり、7週には最終的な相対的長さに達する。

Its epithelium and glands are derived from the endoderm.

その上皮と腺は内胚葉に由来する。

The epithelium proliferates and, partly or completely, obliterates the esophageal lumen; however, recanalization normally occurs by the end of the eighth week.

上皮が増殖し、部分的に、もしくは完全に食道の内腔が閉鎖する。しかしながら、通常8週の終わりには再開通が起こる。

The striated muscle of the esophagus is derived from mesenchyme in the fourth and sixth pharyngeal arches.

食道の横紋筋は、第4および第6咽頭弓内の間充織に由来する。

The smooth muscle, mainly in the inferior third of the esophagus, develops from the surrounding splanchnic mesenchyme.

主に食道下部1/3にある平滑筋は、周囲の臓側の間充織から発達する。